うちなあぐち散文会
          作品集
  トップページへ戻る
  うちなあぐち散文会作品一覧へ戻る
読者 ナカンダカリ作 (茨城県)

   「中村」から「仲村渠」んかい戻さびたん

ハイサイ、チャーガンジューヤガヤー

 大和(ヤマトゥ)ンカイ、長(ナゲ)エー居(ウ)ークトゥ、ウチナーヌ言葉(クトゥバ)ン諸忘(ムルワシ)リティ、言イカンティ、書チカンティソーシガ、今日(チュー)ヤ、母国語使(チカ)ティ書チュクトゥ、ヨーンナ読(ユ)ディトゥラシヨー。
 
 大和ウテー、霜月(シムチチ)マデー、アンシカ、ヒィーコネーランタシガ、師走(シワーシ)ナタクトゥ、スグヒィークナトーシガ、ウチナーウティン、ヒィークナトーガヤー?
 イワキ(福島県いわき市)ヌ山ヌ上(イイ)ヤ、ナア、雪(ユチ)ガ積(チム)トーン。又、昨日(チヌー、8日)ヌ夜(ユル)オー、タカハギ(茨城県高萩市)ヌ山ン中、通(トゥ)ーティ、来(チ)ャシガ、山ヌ上ヤ、−2度(ドゥ)マディ下トオータン、山ヌ下(シチャ)ヌ、家ガマンドーン所(トゥクマ)ウティン、アンシガ、上ガラン、+1度シカ無−ランタン。
 ヒィークナイネー、朝早(アサヘー)ク出(ン)ジーヌバーネー、車歩ッカスンディチ、時間カカティ、ザーヘームン。朝早ク、起(ウ)キティ、アリクリ、支コーイムコーイ、サンネーナラン、学校ヌ授業ガ、9時カラ始(ハジ)マイル時(トゥチ)ェー、4時ネー、起キランネー、間ニ合ーラン。ヒティミティ食(カ)ダイ、車ヌ中ウティ、飲(ヌ)ムル茶(チャー)沸カチャイ、又、朝ナイネー、車ヌガラスンカイ、氷ガ、タッ付(カ)ティ、ウヌ氷溶カサンネー、車ヌ中カラ、外(フカ)ー、見(ミ)ーランクトゥ、危ナサヌ、車ー、歩ッカラン。ウヌ氷溶カス為(タミ)ナカイ、毎朝(メーアサ)、早ク出(ン)ジーネー、水筒トゥ魔法瓶ンカイ、熱湯(アチユー)入ッティ、持(ム)ッチ、行カネーナラン。夏(ナチ)ヤレー、車ガ止(トゥ)マトール所マディ行ジ、鍵開キティ直グ、車ー、歩ッカサリーシガ、ヒィークナイネ、マジ、車ヌ前(メー)ヌガラス覆(ウス)トールビニール外(ハ)ンチカラ、魔法瓶トゥ水筒ンカイ、入ッチョール熱湯カキティ、前ヌガラストゥ側(スバ)ヌガラスヌ氷溶カサネナランクトゥ、厄介(ヤッケー)ヤサ。

 今年(クトゥシ)ヌ5月(グングァチ)マデー、間違(マチゲー)名ヌ「中村」使(チカ)トータシガ、今(ナマ)ー、本当(フントー)名ヌ「仲村渠(ナカンダカリ)」使トーン。
 5月ニ、裁判所カラ来ョータル手紙(ティガミ)ンカイヤ、今カラー、汝(イャー)ヤ、昔(ンカシ)ヌ本当ヌ名ヌ「仲村渠」使ティン済(シ)ムンドーディチ、書カットータン。
 ウリカラ、我(ワン)ネー直グ、役所ンカイ行ジ、裁判所カラ来(チ)ォール手紙トゥ、仲村渠ンカイ替(ケー)イヌ為ヌ紙(カビ)ンカイ、何(ヌー)ヤーキーヤー、書チカラ、本当ヌ名ヌ仲村渠使トーン。
 今年ヌ5月マデー、本当ヤ、「ナカンダカリ」ルヤシガ、何ンディチ、中村(偽名)使ラネーナランガンディチ思トータシガ、ドゥークル「ナカンダカリ」ンカイ替エーイルクトーナラン、チャーン成ランガヤーディチ思ティ、中村使トータン。

 我ネー、今カラ41年前カラ、本当ヌ名ヌ「ナカンダカリ」ンカイ戻(ムドゥ)シ欲(ブ)サタシガ、ドゥシンチャーガ、中村カラ仲村渠ンカイ戻スセー、イッペー、難(ムチカ)サンディ言イタクトゥ、アンヤガヤー、チャーンナランサヤー、ンディチ思(ウム)ティ、裁判所ンカイ行カンタシガ、2、3年前ニ、イチクヌ子(クヮ)ヌ女(イナグ)ン子ガ、我ッター家ンカイ、遊(アシ)ビーガ来ォータシガ、ウヌ女ン子ガ「仲村渠」カラ「中村」ンカイ替−テーセー間違トーン」ディイチ言イタクトゥ、ウヌ時(トゥチ)マデー、我ニン本当ヌ仲村渠ンカイ戻スセー難サンディチ、ウヌママ「間違エ名ヌ中村」使トータシガ、仲村渠ンカイ戻サランティン済ムクトゥ、先(マゼ)ー、裁判カキティンダディチ考エーティ、裁判所ンカイ行ジ、相談サクトゥ、裁判所ヌ人ンチャーヤ、マジ、裁判所ウティ使イルムン、諸(ムル)持ッチ来ーワンディチ、言イタン、アンヤイビーイミディヤーニ、玉城(タマグスク)ヌ役場カラ、又、取手市役所カラン、何ヤーキーヤー取ゥヤーニ裁判所ンカイ持ッチンヂャン。ウリカラ、何日カ後(アトゥ)裁判所カラ、何月(ナングァチ)ナンニチニ、裁判所ンカイ来ーヨーディーヌ手紙ガ来ャクトゥ、ウヌ日(ヒー)ニ裁判所ンカイ行ジャン、ンマ(裁判所)ヌ書記官トゥ話(ハナシー)サシガ、ウヌ書記官ガ、クレー、昔ヌチョウセン(朝鮮)人ガ日本フージヌ名ンカイ替ーラッタシトゥユヌムンヤサヤー、ンディ言イタン。我ニン、前々(メーメー)カラ、大和ン人(チュー)フージーヌ名ンカイ、替ーイ欲シャソータクトゥル、仲村渠カラ中村ンカイ替ーテーサンディチ思トータシガ、裁判所ヌ書記官ガ「ウレー(仲村渠カラ中村ンカイ替ーテーセー)、創氏改名ヌ亜流ヤサヤー」ディチ言イタン。又、ウヌ書記官ヤ「クヌ仲村渠ディーヌ名ヤ、簡単ヌ替ーラディンヌ名ヤアランシガヤー(実際には由緒ある名前だと言っていた)」ディチ言イタン。我ネー、マサカ、大和ヌ裁判所ヌ書記官カラ、ムン習ーシサリーンディチェー考ーテーネーランタクトゥ、イッペー、驚(ウドゥル)チャン。裁判所ンカイヤ、下(シム)人民ヌ事(クトゥ)考ーイヌ人ンチャー居ーランディチ考ートータシガ、考ー違ーヤタン。ンマヌ書記官ヤウチナーンカイ居ータンディチ言イタン。

 我ネー「離縁」サヌ事ー、ネーランクトゥ、離縁サヌ人ンチャヌ本当ヌ肝内(チムウチ)ェー分カランシガ、裁判所カラ、アヌ手紙ガ来ャヌ時ヌ肝心(チクククロ)ー、離縁シ後ン、ドゥーヌ元(ムトゥ)ヌ名ンカイ戻サ欲シャティン戻サラン人ンチャーガ、裁判カキティ、元ヌドゥーヌ名ンカイ戻タル時ヌ、肝ヌ内、肝心トゥユヌムンヤアラガヤーディチ思タン。生マリ変ワトール肝心ヤタン。

 正月(ショウグァチ)ェーナーダヤシガ、良イ正月ナレーヤーンディチ思トーン。

2005年12月9日

ナカンダカリ

創氏改姓:日本が植民地支配のため、朝鮮人に日本式の姓名への改名を強制した政策。皇民化政策の一環として1939年広布、40年施行。

中村が何故「法律違反」であり、「偽名」であるかというと、沖縄戦で村役場の戸籍簿が焼失したからといって、その後、本当の「氏」は、「仲村渠」ではなく、「中村」であると届けたからである。戸籍簿が消失したら、勝手に自分の氏でないものを自分の氏にしてもよいという法律が在る筈はない。法の支配する所では法によってしか、「氏」も変更できない筈である。そのような法的手続きはなされていない。

ナカンダカリ