うちなあぐち散文会
          
作品集
  トップページへ戻る
  散文会作品一覧へ戻る
  
うちなあぐち賛歌へ戻る
散文会会員 
アズマ セイコウ作 (東京都)

平成
1712

年の夜 うびいんじゃち

我がくうさる(小さい)とぅち 昭和25年ぐるからの事やしが、うぬ時分や 村中が

旧正月どぅやたしが、 昭和35年ぐるにや新正月するとぅくる出んじてぃ、学校や

たきぇん(二回)休みぬあいたん、旧正月すたるばすやしが、旧暦ぬ12月ないどぅんせえ

カーサムーチーでぃいち サンニン(月桃)ぬ葉に ちちまってぃ(包まれて) わらび(子供)

や自ぬ年ぬ分 親が呉ゆたん うぬ なあかぬ てぃいちや ちからムーチーでぃいち

まぎいく(大きく)ちゅくてぃ あたん ふかぬムーチーや さあたあ ぬ いっちょうしとぅ 

ただぬ 白ムーチー ぬ あてぃ ちちでえる葉 開きいるばす いっぴぇ楽しみ

やたん 自ぬ年ぬうっぴ わたさりいねえ うり わらじな(わら縄)んかい くんち

自ぬたまし(割り当て分)でぃいち てぃんじょう(天井)かい さぎてぃ(下げて) 

くうてんなあ(少しづつ) すうてぇ(切り詰めて)しちょうてぃ かむたん(食べた)

 うりから1220日びかあ(頃)すぎいにぇ うあ(豚) くるち 正月うあしし(豚肉)

やしが おっとうが 兄さんたあ家かい また 姉さんたあ家かい むっちいきんでぃいち と

ぅどぅきい
(届ける)たん 正月ぬたみに う()や めえにん(毎年) てぃいち(一頭)や ちかない(養う)たん。

 年ぬ夜ぬ日や ひる(にんにく) やあにんじゅ(家族)ぬ分 ひっくうち(引っこ抜いて) 

あらてぃ(洗って) ふぁ
()やちっち(切って) ひじ(ひげ)ちちょるまま うぶん(お盆)

かい かじゃてぃ(飾って) また うぬ ひるぬすばん(傍)かい ハサミ とぅか ひいば

あし とぅか ならびてぃ うちぇたん ゆうばん(夕食)や うわあしし
(豚肉)ぬしる(汁) 
 でえくに(大根)くうぶ
(昆布)ん いっちょうい(入っていて) でえじな くぁっちい(ご

ちそう)やさ くぁっちいさびたん(ごちそうさまでした) でいちうぬあとぅ かじゃてえる 
ひる くちにくうてぃ(口にくわえて) うぬあとぅ ハサミくだみてぃ(踏んで)うわい(お

わり)やたん ひるや ひじ(ひげ)ぬちゃっさん
(沢山)あいぐとぅ ちねえ(家内)ぬはんじょ

う(繁昌) また ハサミや かに(鉄)ぬぐとぅ からだがんじゅうく(体の健康) にげえ

ゆんでぃ おっとうがいゆうたん うぬじぶん(そのころ)ぬ年ぬ夜向けえるばすにや 一年 

やあにんじゅ(家族)ぬ からだがんじゅうく あたるくとぅ ぬうやか かふうしんでぃ(感

謝) 
 わらびながらん
(子供ながら) うむいたん(思った) うぬなれえ(習慣)や なまぬくてぃ

がうら(残っているだろうか)