うちなあぐち散文会
          
作品集15
トップページへ戻る

散文会作品一覧へ戻る

散文会会員    アズマ・セイコウ(東京)
 平成
21月5

 

世ぬ中ぬ変わいよう

平成2115日       アズマ セイコウ

昭和ぬ2425年頃やいびいしが ふぃんすうやたきちきてぃ食み物、着る物ん無えらん 童ながらん いっぴぇ くちさ そういびいたん 食むる物んでぃいいねぇ大概ぬ家や、ぴい虫食うとうる芋とぅか クジキン 米や宝物なてぃ 米やくうてんぐ入ってぃ かんだばあジュウシイ、 ウケェメェ、 ぼろぼろジュウシイ、我が覚びとうせぇ学校から戻い余所ぬはる(畑)んじ みいんむ(芽芋)ふてぃ家かい持っち帰いびいたん 米作いする家や いきらさぬビルマ米でぃ言ゆるホロホロ米ぬ配給が有いびいたっさあ また缶々に入っちょうる粉ミルクん有いびいたん学校ぬ給食や うぬ粉ミルク シンミェ鍋んかい溶かち飲まびいたん うりから5,6年後から やたるんでぃ思といいびいしが 米作いん多くなてぃ 芋ん台湾百号でぃちクーフチ芋ぬあいびいたん うりからタードウシ芋ぬ ねぇり芋やあサイ でぇじな まあさ物やびいたん また、野菜作ん広がてぃ、タマナ、チデェクニ、 島デェクニ、 シマナア、 ホーレンソー、シュブイ、チンク、ナーベラー、ゴーヤー、キーウイとぅか また おっかあが黒砂糖し漬いるデェークニぬジジキ くりん まあさいびいたん 野菜や自なあ家ぬ賄いすんでぃ作いびいたしが ウカズ代ぬ銭小ふさる為に町までぃ出んじてぃ家々廻てぃ売たい 町屋小んかい卸売いんさびいたん うんにんまでぃや鳥ぬクーガや 平民ぬ口かいや じょうい当いびらん うぇき家ぬ人達がる うさがいたる 着る物やてぃん 七月とぅ正月ぬ たけぇんどぅ新着物や当いたる ふぃいじいや やんりこおたあ着物 袖や ぶったあくったあ たっちかとうる鼻だいぬ かぱあかぱあ そうる着物 なま考えねぇ 毎日洗れぇ済むたる筈やしが ぬうんちが あんし やな着物 着ちょうたらやあサイ 童達が足にくむる靴やゴムし作てぇる靴 靴下ちん無えらん 空足しどぅ くむてぇぐとぅ 学校行ちねぇ なあくりが臭さぬ ふしがらんあたいやいびいたん うりから何年びかあが経っちゃら 月星靴が出んじてぃ 学生服ん丸万でぃ言ゆる学生服ん出てぃ来ゃる覚いやいびいしが うんねぇるうや かあま前からん有いがすたら解やびらんしが 我達家や七月、正月ぬたけぇんどぅ当いびいたる 遠足でぃ言いねぇ おっかあが米飯炊ち バサナイぬ葉んかい ちちでぃ中んかい油みすう入ってぃ くりや いっぴぇ かばさぬ まあさ物やいびいたん くり開いねぇ先生がすぐ “弁当 替っこしよう”でぃ言いみしょうち 玉子焼き弁当とぅ取い替える さびいたん あんしが 先生が弁当やてぃん まるけぇてぃやホロホロぬビルマ米入っちょうるばすん有いびいたんどうサイ 我達家や米作いそうぐとぅ島米弁当やいびいたんようサイ あんしが我 おっかあようサイ 後から思たる事やいびいしが我達おっかあや八十六なる迄 那覇かい行じゃる事 ちゅけぇんぬん無えんたる筈やいびいさあ 乗い物んでぃ言いねぇ荷車とぅ馬車びけぇどぅ有くとぅ遠うさ迄や行ちゆうさびらんやあ 年がら年中 田畑とぅ家ぬ行ち戻い びけぇがやいびいたら。